AGA治療薬とは?

AGA治療薬
「髪の毛のボリュームが減ってきた」
「抜け毛が気になってきた」
など薄毛や抜け毛で悩んでいる人は多く存在します。

日本人男性のAGA(男性型脱毛症)発症頻度は約30%。
年齢を重ねるとともに、発症頻度は増えると言われています。

【年齢別・AGA発症頻度】

年齢 AGA発症頻度
20代 10%
30代 20%
40代 30%
50代 40%

AGA治療薬は男性の薄毛や抜け毛を治療する薬のことです。
病院やクリニック、個人輸入代行サイトなどで購入することができます。

このサイトでは、AGAで悩んでいる男性の皆さんの力になりたいと思いたち作成しました。
今回は、AGA治療薬について簡単に紹介していきます。

AGA治療薬は2種類のタイプがある

簡単にAGA治療薬と言ってもさまざまなタイプの薬があります。
大きく分けると、
・薄毛の進行を防ぐ守りのAGA治療薬(主に内服薬)
・発毛を促進する攻めのAGA治療薬(内服薬と外用薬がある)
で分けることができます。

守りのAGA治療薬

守りのAGA治療薬は、抜け毛の進行を防ぎ薄毛の改善に効果がある薬です。
【薄毛の原因】
・男性ホルモンによるもの
・遺伝
・環境因子の影響
・ストレス
・食事や生活習慣
・外的要因
AGAの原因は上記のようにさまざまですが、主に男性ホルモンや遺伝が関係しています。

【AGAの主な原因】
・DHT(ジヒドロテストステロン)が男性ホルモン受容体と結合
・成長期にある毛髪へ退行期や休止期に映るよう指示
・ヘアサイクルが短くなる
・退行期の細い毛髪が増加し、毛髪が成長する前に抜け始めてしまう

守りのAGA治療薬には主に2つの種類があります。
プロペシアザガーロです。

【プロペシアの効果】
AGAの原因であるDHT。
DHTを生成するために必要な5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を抑制。
ヘアサイクルの成長期を伸ばして、健康的でコシのある毛髪の育成を促します。
休止期になっている毛穴から髪の毛が生えてくるようになり、薄毛の改善が期待できるのです。

【ザガーロの効果】
プロペシアと違いザガーロは、5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型に作用します。
両方に作用するため、プロペシアよりもDHT生成の働きを抑制し薄毛改善効果もより期待できます。

攻めのAGA治療薬

攻めのAGAに使われる治療薬は、ミノキシジルが配合されています。
血行を促進して毛母細胞を活性化し、育毛や発毛の効果が期待できます。

【血行促進効果】
頭皮の毛細血管を広げ血行を促進することで、髪の細胞に栄養を届けます。
細胞に栄養が届きやすくなると、新しい髪の毛が育ちやすくなり育毛効果が期待できるのです。

【毛母細胞を活性化】
毛母細胞は髪の毛をはやす為に重要な細胞で、細胞分裂を繰り返すことで新しい髪を生成します。
髪の毛の生成を促し、新しい髪の毛が作られるのをサポートします。

ミノキシジルには外用薬と内服薬があります。
日本で認められているのは外用薬のみですが、国外では内服薬もAGA治療に使用されています。

自分に合ったAGA治療薬の選び方

薬の選び方
攻めの治療薬と守りの治療薬を紹介しましたが、自分はどの薬を使えばいいのか分からないですよね。
・AGAの症状やなやみで選ぶ
・持病や体質で選ぶ
・薬価で選ぶ
などの3つの視点から見てみましょう。

悩みで選ぶ

守りと攻めの2つのタイプがあるAGA治療薬。
作用が異なるため、自分の目的に合わせて選ぶことが大切です。

【薄毛や抜け毛を止めたい人】
薄毛や抜け毛に悩んでいる人は、守りのAGA治療薬を選びましょう。
抜け毛を防ぐ効果があるので、薄毛の進行を抑えることができるでしょう。

【髪の毛を生やしたい人や地肌が見えて気になる人】
守りと攻めの両方を使いましょう。
抜け毛を予防して発毛を促すダブルの効果で、薄毛の改善が期待できます。

持病や体質で選ぶ

医薬品は誰でも服用できるものではありません。
AGA治療薬も例外はなく、服用に注意が必要な人や薬があります。

【守りのAGAを使用する時に注意すること】
・ザガーロを服用する場合、CYP3A4阻害薬との併用は注意が必要です。
・血液検査の肝機能値が正常ではない人は、医師と相談して服用しましょう。

【攻めのAGAを使用する時に注意すること】
・血圧を下げる薬とは併用できません。
(ED治療薬やグアネチジンなど)
・偏頭痛薬との併用はできません。

持病を持っている人や普段から薬を服用している人は、医師または薬剤師に相談しましょう。

薬価で選ぶ

AGA治療は、長期にわたり続くことがほとんどです。
治療費を抑えたい人は、ジェネリック医薬品を選ぶことをオススメします。

薬には先発薬とジェネリック医薬品があります。
先発薬には長期にわたる開発期間と、膨大な研究費がかかっています。
その分価格も高くなってしまうのです。

ジェネリック医薬品は、先発薬の特許期間が終わってから製造される薬です。
先発薬と成分は同じですが、開発期間や研究費がかからないため安価で手に入れることができるのです。

自分にあったAGA治療薬を選んで、効率的にAGA治療を行ないましょう。