市販薬で行うAGA治療

薬局
「抜け毛が気になってきた」
「髪の毛のボリュームが無くなってきた」
など薄毛で悩み始めている人は、多いですよね。

すぐに病院やクリニックに行くのではなく、市販の育毛剤や発毛剤で何とかしようと思う人も少なくないはず。

薬局やドラックストアで販売されている発毛剤や育毛剤は、AGAに効果があるのか気になりますよね。
発毛剤は新しい髪の生成を促す作用があります。
育毛剤は抜け毛を防ぐ効果があるんです。

今回は、市販で行うAGA治療薬について紹介します。

育毛剤と発毛剤の違いは?

そもそも育毛剤と発毛剤に違いがあるのか、説明します。

育毛剤 発毛剤
分類 医薬部外品 医薬品
用途 抜け毛の予防 薄毛の治療
対象 健全な人 AGA(壮年性脱毛症)

育毛剤は医薬部外品に分類され、抜け毛の予防や髪の毛が育ちやすい環境を整える効果があります。
発毛剤は薄毛を予防したい人にオススメです。

発毛剤は医薬品に分類され、髪の毛を作り出す毛包を活性化。
血行促進効果で細胞に栄養を届けます。

医薬品である発毛剤には、ミノキシジルという成分が配合されています。
日本で唯一髪の毛を増やす成分(外用薬のみ)として厚生労働省に認可されているんです。

発毛剤と育毛剤どっちを使う?

発毛剤と育毛剤では、効果が異なります。
【育毛剤がオススメな人】
・髪の毛のボリュームが少なくなってきた
・ハリやコシがなくなってきた

などの悩みがある人は、育毛剤がオススメです。
頭皮の状態を整えることで、抜け毛を予防する効果が期待できるからです。
※既に抜け毛や薄毛が進行している人にはオススメできません。

【発毛剤がオススメな人】
・抜け毛が多くなってきた
・抜け毛が進行し、頭皮が目立つ

などの悩みがある人は、発毛剤がオススメです。
悩みの原因がAGAである場合、症状を効果的に改善できるでしょう。

市販で売っている発毛剤

市販で販売されている発毛剤には、ミノキシジルが配合されています。
商品によって、成分の含有量が異なります。

ミノキシジルには定められた規定量があり、男性は5%・女性は1%までと決められています。
成分の含有量が規定量に近ければ近いほど発毛の効果が高いと言えます。

このサイトはAGA治療薬について紹介しているため、今回は男性向けの発毛剤を紹介します。

リアップX5プラスネオ

1999年から市販の発毛剤として販売されているリアップ。
たくさんの種類がありますが、ミノキシジルが一番多く配合されているリアップX5プラスネオを紹介します。
リアップX5

商品名 ミノキシジル配合量 使用方法 メーカー本体価格
リアップX5プラスネオ 5% 1日2回、1回1mlを頭皮の気になる部分に塗布 7,753円(税込)

1日2回、1回1mlを頭皮の気になる部分に塗布
7,753円(税込)

※内容量:60ml、約1ヶ月分
ミノキシジルのほかに、皮脂の過剰分泌や酸化を抑える成分を配合。
メントールが入っているため、頭皮に爽快感を与えながらかゆみを抑えてくれます。

頭皮の皮脂やニオイ、かゆみが気になる人にオススメの発毛剤です。

スカルプDメディカルミノキ

スカルプDメディカルミノキは、髪の毛に特化した製品を多く販売しているアンファーの商品。
ヘッドにはクッションラバーを採用、頭皮を傷つけないように工夫されています。
保湿剤であるグリセリンを配合し、保湿力がプラスされています。
スカルプDミノキ

商品名 ミノキシジル配合量 使用方法 メーカー本体価格
スカルプDメディカルミノキ 5% 1日2回、1回1mlを頭皮の気になる部分に塗布 7,800円(税込)

1日2回、1回1mlを頭皮の気になる部分に塗布
7,800円(税込)

※内容量60ml:約1ヵ月分

べたつきを防ぐ撥水成分と清涼成分が配合されています。
フケが気になる、頭がかゆいなど頭皮の乾燥が気になる方にオススメです。

市販の発毛剤はたくさんの商品があります。
・髪の毛を増やしたい
・頭皮の脱毛が目立つ
・薄毛や抜け毛を改善したい
などの悩みがある人は、ミノキシジルが配合された商品を選び使用してみましょう。

発毛剤の効果と副作用

市販の発毛剤には、ミノキシジルが配合されています。
ミノキシジルには効果がある分、副作用もあるんです。

【ミノキシジル(外用薬)の効果】
・6ヵ月間、継続して使用した約9割の人が薄毛の改善を実感
・使用した94%の人が抜け毛の減少や産毛の発毛が見られた
などの報告があります。

ミノキシジルは頭皮の血行を促進、髪の細胞に栄養が行き届くことで新しい髪の毛を育ちやすくします。
髪の毛の製造工場と言われる毛母細胞を活性化して、髪の生成を促します。

【ミノキシジルの副作用】
・頭皮のかゆみ、かぶれ
・頭痛
・動悸
などが主な症状として挙げられます。

外用薬のミノキシジルを使用した約8%の人に、副作用が現れています。
頭皮へ直に塗布するため、皮膚症状が現れやすいと言われています。
比較的、軽い症状がほとんどですが、症状が改善されない場合や症状が悪化した場合は医療機関の受診をオススメします。

今回は市販で行うAGA治療を紹介しました。
市販薬では、薄毛の進行を抑えることはできません。
抜け毛の症状が深刻な場合は、病院やクリニックでの治療が推奨されています。